選りすぐりのショッピング情報サイト Plat Park

携帯ページ

Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク
HOME»  コンテンツ»  デコきもの・デコ和小物、カスタマイズの楽しみ

デコきもの・デコ和小物、カスタマイズの楽しみ

■なぜ「和もの」は、モノトーンではいけないの?

特に和雑貨のメーカー側の考え方はで陥りやすいのは「何か柄があってこそ華やかで、同時に付加価値である」ということです。フォルムだけで和を感じる商品ラインナップとしました。デコは「和」なのか「洋」それとも「自分」か、あなたの自由です。
「カワイイ」の基準は人それぞれ。
カラフルであるか、枯れた色使いか。特定のキャラクターが好き。花鳥風月、雪月花。人によってお気に入りのデザイン、カラーは千差万別です。そこで、丸荒は「商品の柄は、お客様が創るもの」と考えました。

もの黒ものとーんシリーズは、和柄生地を使わずとも、和雑貨としてのフォルム、テイストに自信のあるアイテムをご用意し、そこにお客様独自のテイストでデコレーションをしてはと、考えたのです。またSAMURAI up-to-date現代風侍もデコレーションをするためのKIMONOと考えています。

■デコレーションのグッズを探すなら⇒(東京で考えると)東急ハンズ、ユザワヤなどが頭に浮かびます。

今やデコレーションのためのグッズは、特に店主の好きなユザワヤさん東急ハンズさんなどを覗くと多くのデコグッズを目にすることが出来ます。携帯やDSなどゲーム機にきれいなデコレーションをすることは、一般的になってきています。日本のこのトレンドは、欧米でも注目され、2005年あたりから、PARISでもデコレートした携帯を持つパリジェンヌの姿を見かけるようになりました。私のお店のも「もの黒ものとーんシリーズ」も主な素材は綿の紡ぎ(シャンタン地)を使用しています。KIMONOに関しては、洗濯はもちろんですが、ワッペンなどデコレートしやすくアイロンの熱に強いことを考えています。

 

■何でデコしますか?

オーソドックスなものであれば、ワッペン類が考えられます。最近では、アイロンで貼り付けるタイプが主流です。種類もさまざまで、かな英数字などは、自分の名前だけでなくメッセージもつける事が出来ます。またお気に入りのキャラクターもあるでしょうし、旅の思い出となるワッペン、国旗、浮世絵、人気の歴史上の人物の家紋、エンブレム…。

ピンズやブローチは、昔からのデコの王道ではないでしょうか?観光地のお土産の王道でもあったりします。他の人には、なんでもないピンズがその人には大切なSOUVENIRがあるかもしれませんね。


ここで最新デコツールを紹介します。

■LEDネームプレート

これは、このホームページでも登場する「励まし屋」さんが「SAMURAI up-to-date現代風侍」を着るときに付けています。実は店主も自分のKIMONOに付けております。 これは東京品川区にある電機メーカー株式会社ウェルさんで製造しているもので、ネットで偶然見つけて購入したものです。 小さなネオンサインを付けて歩いているようなものでしょうか。1500文字入ります。小型で軽量、充電式で長時間付けて歩けちゃいます。(2010年1月末頃日テレの朝の情報番組「OHA4」でも取り上げられておりました)

調べたらネット販売のみとのことでした。⇒リンクで是非チェックしてみてください。


渋谷を中心に活動するパフォーマー「励まし屋」さんがSAMURAI up-to-date現代風侍を着ている姿を見ることが出来ます。チェックしてみてくださいね!

■パソコンで作成した写真やイラストをデコしたい

「パソコンでプリントアウトしたものをデコレーションに使いたい。」こんな人多いと思います。オリジナルTシャツ作りなどでは、常識のアイテムなんだそうですが、店主は最近になってユザワヤさんで見つけました。このシート以外にもユザワヤさんでは、オリジナルのデコシート(プチ・デコ)もありました。

以上簡単にデコできるグッズをご紹介しましたが、これはあくまでも店主 三代目渡邊荒蔵の気づいております範疇です。私なんか足元にも及ばないデコの達人、すばらしい人が沢山いることでしょう。自由に自在にデコしてみてくださいね。